» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

shazhi

Author:shazhi
夢:「中国人になること」
使用教材:「ピンズラー中国語」「NHKテレビ中国語会話」「中国語ジャーナル」「聴く中国語」他書籍多数。
趣味:民謡・ゲーム・ドライブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

電子郵件

名前:
メール:
件名:
本文:

歓迎,歓迎

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

蒼穹の昴 原作小説読みました

結局、「蒼穹の昴」の小説を読むことにしました。

みなさんは「原作を知らないまま見たほうがいい派」ですか?

私はどちらかというと、原作を知らないまま見たい派」です。

最近だと「坂の上の雲」なんかそれです。
原作知らないままでいいかな。と。

ただし、「蒼穹の昴」は西太后など清朝の激動の歴史背景が舞台。
それに、原作者浅田次郎氏が「映像化は無理だと思っていた」というほどのものをNHKは映像化しちゃっている。
そうなってくると、原作を知っておきたい。と思ってしまったのだ。

そこで、1話を見たあと、「蒼穹の昴」文庫本4冊を購入。
第2話が始まる前に読破しようと夜更かしになりながらも一昨日やっと読み終えましたので、なんとなく書き留めておきます。
(結局3話を見る前に読破、ということになりました)

まず、最初からかなりつらい物語であると思わされる。
貧乏人が一躍金持ちになるサクセスストーリーなんてもんじゃない。
1巻を読み始めてかなり早い段階で
「これは映像化できないと浅田さんが思うのも無理はない」と思った。
素晴らしい作家の小説のすごいところは文から想像→妄想して頭の中で映像化することができる。
色だったり匂いだったり空気だったり。

そこで、読み進めていくうちに、(やっぱりNHKは無理をして映像化してしまった)という点に気付いた。
なんでもかんでも「映像化」すればいいってことはない。
ものすごく肝心なところを省いてしまっている。
春児の幼少時代や胡同で蘭琴との運命の出会いや、省きすぎている。
4巻でやっとミセス・チャンの正体がわかるのに、ドラマでは3話でもう正体ばらしちゃってる。
文秀がミセス・チャンと出会うのも早すぎるし、好意を持つ、とかの設定は無理やりすぎる。

要するに「映像化できない部分を取ったら物語的に薄っぺらくなっちゃったのでかなりアレンジ加えました」だ。

原作をここまで省略してくるとこの先の展開が・・・怖い。
もう別物として楽しむしかないのか。

とりあえず、蒼穹の昴の小説を読み終わったので、「中原の虹」を読みたいと思います。
なんといっても、私の大好きな吉川英治さんの名前がついている
「吉川英治文学賞」受賞作品ですからね。
スポンサーサイト
漢語学習01.17(Sun)12:22コメント(5)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

BShi 蒼穹の昴~映画「梅蘭芳」感想~

あけましておめでトゥース!
今年もよろしくお願いします♪

さて、突然ですが。タイトルにあるとおり、
映画「梅蘭芳」を陳監督が作るとわかってから実はずっと楽しみに待っていた。
レオン・ライも好きだったから、配役的にも文句はなかった。
ただ、彼の化粧がどうなるんかいな?と思って心配ではあった。
背は高いし、肩幅あるし、ちょっと中年太りだし・・・
そして、たまにニュースで
「撮影は順調~レオン・ライ、減量中」とか見出しがあったり、結構楽しみにしていた。
でも、公式サイトがアップされるのを観て、一気に観る気が冷めてしまった。

原因は・・・やっぱり
!レオンでもレスリー・チャンを超える女形はできんな!
という思いが確実となったからだ。
事実『「さらば、わが愛」を超えるほにゃらら~』のコピーが嘘だということは、公開劇場の少なさや短い公開期間などで十分明らかだ。
一応レスリー・チャンファンとして、京劇ファンとして、映画館で見届けなくてはならないと思ってはいたのに。

・・・・・・・・・・
そして、時は流れ。
DVDレンタルがはじまった。実際DVDになったのは知っていたが、買う気にもなれず。
この年末年始、立ち寄ったレンタル屋で暇つぶしに何か観ようかなぁ?とふらっと選んだのが、2009年の忘れ物、「梅蘭芳」だった。
よし、観るぞ!ではなく、あくまでも「暇つぶしにちょうどいいかも」程度だ。

・・・・・・・・・・
再生。
眠たい。でも観よう。と就寝前の夜中。
なんというか、陳監督の才能?みたいなものにも期待していたから、レオン・ライが納得いかない演技だったとしても、カメラワークとか、台詞だったり、色調だったり、何か魅せてくれるんじゃないか。とワクワクはしていた。

梅蘭芳さんのすごさなど前もって知識はほぼない。
京劇で一番名前を聞く人。くらいなもんだ。
だからこそ、配役うんぬんではなく、純粋に“京劇映画”として望みを託した。

正直に言いますと、出だしの青年役 余少群 君は、レスリーとはまた違う京劇向きの顔立ち、美しさがぴったりはまった名演技だったと思います。
梅蘭芳の青年時代、としてはちょっと軽い感じも否めませんが。
ただ、(ずっと青年役が続ければいいのに・・・)と物語の序盤で思っちゃったからなんだかなぁぁぁぁ

時が流れてレオン・ライになってしまった途端、睡魔が襲ってきた!
それでも最後まで見届けてやるーーーと頑張ったけど。
チャン・ツィーイーが出てきて更に睡魔が!
あぁこの感じ、レッドクリフの時と同じだぜよ!
もう、あのレオンの化粧のなじんでない感じ、どうしようもない。

・・・・
総じて、個人的に「さらば、わが愛」を超える映画は未だに存在しておりません。
ただひとつ、青年役の余君は、劇内だけでなく女らしい身のこなしが随所にあってステキだなぁというところは認めます♪

ということで、リピートして観る場面は青年時代ばっかり。
何回か観ると細かいところも気になるところがどんどん増えてきました。
で、余君とはどんな人物なのか、と彼のプロフィールが気になり、検索してみると

「NHKhi 蒼穹の昴」の主人公?ということを知ったのですが!!

先日偶然NHK見ているときに番宣で清王朝の日中合作ドラマが始まるのを知ったばかりで、余君が出るとかまだ知らなかったのです。
!なんだこのタイムリー!!
「梅蘭芳」を鑑賞したばかり、2日放送開始のドラマもよくわからんまま楽しみにしてた。
その主役が余君ですって!?

もう・・・・なんかタイムリーすぎて怖いです・・・
ちなみに、子供ができたら「昴」とつけようと前々から思っていたりするもんだからあらすじ覗いてみてさらにゾッとしてしまいました!

変な運命感じます。
とりあえず、「蒼穹の昴」は毎回欠かさず観る予定です。

※「梅蘭芳」公式サイトで余君のプロフィール覗いてみたら、越劇の子だったんですね。
 ということはやっぱり土台のしっかりした子だったのか。
 魅せられた原因もわかってスッキリした、2010年元旦でした!
映画01.01(Fri)21:21コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

オディールちゃんは星になった

オディールちゃんは10月4日、星になった。

もう一度会いたかった。
クロフネちゃん&キュンティアさんの娘ということ、綺麗な芦毛で美人だったこと。

これから先も追い続けて、近い将来
「オディールの12」
とかって、また可愛い芦毛馬が誕生するものだとばっかり思っていた自分に、なんか腹が立った。

競走馬という過酷な運命の中で
長生きできる保証なんてひとつもない。
アグネスタキオン君が突然亡くなった時も思った。

「もう一度会いたかった」という後悔。

なんて安易に再会できると思いこんでいたんだろう。

好きなお馬さんの訃報を知るたび、競馬とはなんぞや?がはじまる。

安楽死という選択肢しかなかったとわかっていても。
そうすることが彼女にとって一番良かったんだとしても。


あぁ、彼女の血は途絶え、この世から消えた。


最後まで倒れなかったあなたを、私は絶対忘れない。
スレッド:競馬|ジャンル:スポーツ
競馬10.15(Thu)13:30コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

智弁和歌山県大会優勝おめでとう!!

夏の高校野球全国大会出場校がほぼ出揃ってきました!!
毎年センバツとともに楽しみにしている、夏の甲子園、正式名称「全国高校野球選手権大会」。
今年は8月8日開会式だそうで、いつもより遅めのようですね@@

広島県大会は個人的に興奮してしまうベスト4の顔ぶれ。
そして決勝は如水館×広陵というカード。今年は県大会ですでに盛り上がってるようです。
31日に代表校決定の広島県大会より一足早く代表校が決まった和歌山県大会。

広島代表より応援しているのが智弁和歌山です・・・
今ほど常勝のイメージではなかった頃から智弁和歌山のファン^^

★カープに似たユニフォーム
★ブラスバンドの応援方法
★高嶋監督の仁王立ち

とひいき理由を挙げればきりがないんですが、その中でも好きな世代が
高塚・中谷バッテリー世代です。
リアルタイムで甲子園に応援に行くことができ、いつものように和歌智のベンチ裏での観戦。
中谷君のナインを気遣う感じなど中継ではなかなか映らないベンチの様子も観れてさらにひいきになったわけです。

その後二人がプロ野球へ。
そしていつかは二人がまたプロの世界でバッテリー組んだら素敵だなぁ~と秘かに夢を見ていたら、高塚君が捕手になってたり@@
(二人捕手じゃぁバッテリーにならんがな!)とかとか・・・
今ではもうかなうことのない夢ですが、和歌智ファンとしては二人が同じ球団になるかも??なんて期待してみたりもしました。

智弁和歌山の一番好きなところはブラスバンド含め応援がいいこと!!
1選手ごとに1曲、ではなく、回ごとに曲が決まっている。
特に和歌智のアフリカンはかっこよすぎです。
最初のころはあのアフリカン聞きたさに和歌智の中継を観ていたようなものですから。。。
今年もアフリカンが聞けると思うと今からワクワクしてしまいます♪

今年で最多勝利監督になれるか!?高嶋監督。
要チェックです^^
スレッド:高校野球|ジャンル:スポーツ
高校野球07.30(Thu)16:01コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

【訃報】アグネスタキオン号の冥福を祈ります

まず、アグネスタキオン号の早すぎる死について、まだ信じられないのですが、ネットでも確認できたので、誤報ではないと思い、ここにお悔やみ申し上げます。。。
(ちなみに、JRAではまだ明らかにされていません)

正直言いまして、アグネスタキオン君は現役時代、クロフネちゃん、ジャングルポケット君の目の敵でありました。
2000年ラジオたんぱ杯は阪神までクロフネちゃんの応援に行き、クロフネちゃんがアグネスタキオンに負ける姿を見てとても悔しい思いをした時から、アグネスタキオン君は私の中で悪役でした。

皐月賞でジャングルポケット君が出遅れていなかったらいい勝負だったはずだ、と思いたくて仕方ないくらい、アグネスタキオン君を認めたくありませんでした。
※今思えば、アグネスタキオン君は直線勝利を確信した後は軽く流しているような感じにも見えるので、たたき合いになっていてもジャンポケ君は微妙だったかもと思う

そして、ダービーで今までの借りを返してやるんだーーー!
とこの3頭の再決戦を心待ちにしていた矢先の引退表明に
「まだ決着はついていない、98年産駒の最強はわからないままだ」と思いました。
※一般論は当然アグネスタキオン最強です。

引退を知った時には「途中で抜けやがってひきょう者~~!」
クロフネちゃんが、ジャンポケちゃんがリベンジできないまま幻の三冠馬なんて言われちゃったりしてふざけるなーーーー!という感じです。

でも、クラシックが終われば世代戦争です。
私は98年産駒が他世代より抜きんでているという証明が欲しかった。
アグネスタキオン君も無事にクラシックを終えて他世代との対決に98年組が勝利すれば万歳だったのです。
適正距離も違う、馬場適正も違うんですから、クラシック以降はクロフネ世代がそれぞれのG1で活躍してくれればそれで良かったんです。
実際にはジャンポケちゃんがジャパンカップ、クロフネチャンがジャパンカップダートを制覇して年度代表馬や最優秀ダートホースなどに選出され、98年産駒に光が当たりました。
が、(アグネスタキオンが無事だったらどうなっていただろう)とクロフネちゃんやジャンポケちゃんが活躍すればするほどアグネスタキオンの評価が上がり、もどかしくもありました。

結局クロフネちゃんも同じ年の暮れに志途ばで引退。
マンハッタンカフェもあっさり引退して唯一ジャンポケちゃんが怪我に見舞われながらも98年組の大将としてターフを賑わせてくれました。

私が素直にアグネスタキオンのすごさを認めることができるようになったのは、クロフネチャンやジャンポケちゃんが種牡馬となってから。
お父さんになってからはこの3頭プラスマンハッタンカフェ産駒が大のひいきです。
タキオンも頑張った。早すぎる種牡馬生活だったけど、お父さんとしても優秀だった。
98年産駒は現役も、お父さんになっても大活躍ね!
と嬉しくて嬉しくて仕方なかった。

去年のちょうど今頃、北海道のクロフネちゃんに会いに行った。
アグネスタキオン君がクロフネちゃんの隣の柵だった。
間近では見れなかったけど、タキオン君はおっとりと落ち着いた感じで、クロフネちゃんの柵に近いところを行ったり来たりしていた。

あぁ、もうあの姿も見ることができないのね・・・
現役時代、好きになれなくてごめん。
でも、今は誰が最強かなんてどうでもいい。
みんな元気でいてくれればそれでいい。

・・・なんということでしょう。若すぎます;;
あぁ、クロフネちゃん、ジャンポケちゃん。
どうぞ長生きしてください。

アグネスタキオン君、今までありがとう!

スレッド:競馬日記|ジャンル:ギャンブル
競馬06.23(Tue)12:33コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。