» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

shazhi

Author:shazhi
夢:「中国人になること」
使用教材:「ピンズラー中国語」「NHKテレビ中国語会話」「中国語ジャーナル」「聴く中国語」他書籍多数。
趣味:民謡・ゲーム・ドライブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

電子郵件

名前:
メール:
件名:
本文:

歓迎,歓迎

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

BShi 蒼穹の昴~映画「梅蘭芳」感想~

あけましておめでトゥース!
今年もよろしくお願いします♪

さて、突然ですが。タイトルにあるとおり、
映画「梅蘭芳」を陳監督が作るとわかってから実はずっと楽しみに待っていた。
レオン・ライも好きだったから、配役的にも文句はなかった。
ただ、彼の化粧がどうなるんかいな?と思って心配ではあった。
背は高いし、肩幅あるし、ちょっと中年太りだし・・・
そして、たまにニュースで
「撮影は順調~レオン・ライ、減量中」とか見出しがあったり、結構楽しみにしていた。
でも、公式サイトがアップされるのを観て、一気に観る気が冷めてしまった。

原因は・・・やっぱり
!レオンでもレスリー・チャンを超える女形はできんな!
という思いが確実となったからだ。
事実『「さらば、わが愛」を超えるほにゃらら~』のコピーが嘘だということは、公開劇場の少なさや短い公開期間などで十分明らかだ。
一応レスリー・チャンファンとして、京劇ファンとして、映画館で見届けなくてはならないと思ってはいたのに。

・・・・・・・・・・
そして、時は流れ。
DVDレンタルがはじまった。実際DVDになったのは知っていたが、買う気にもなれず。
この年末年始、立ち寄ったレンタル屋で暇つぶしに何か観ようかなぁ?とふらっと選んだのが、2009年の忘れ物、「梅蘭芳」だった。
よし、観るぞ!ではなく、あくまでも「暇つぶしにちょうどいいかも」程度だ。

・・・・・・・・・・
再生。
眠たい。でも観よう。と就寝前の夜中。
なんというか、陳監督の才能?みたいなものにも期待していたから、レオン・ライが納得いかない演技だったとしても、カメラワークとか、台詞だったり、色調だったり、何か魅せてくれるんじゃないか。とワクワクはしていた。

梅蘭芳さんのすごさなど前もって知識はほぼない。
京劇で一番名前を聞く人。くらいなもんだ。
だからこそ、配役うんぬんではなく、純粋に“京劇映画”として望みを託した。

正直に言いますと、出だしの青年役 余少群 君は、レスリーとはまた違う京劇向きの顔立ち、美しさがぴったりはまった名演技だったと思います。
梅蘭芳の青年時代、としてはちょっと軽い感じも否めませんが。
ただ、(ずっと青年役が続ければいいのに・・・)と物語の序盤で思っちゃったからなんだかなぁぁぁぁ

時が流れてレオン・ライになってしまった途端、睡魔が襲ってきた!
それでも最後まで見届けてやるーーーと頑張ったけど。
チャン・ツィーイーが出てきて更に睡魔が!
あぁこの感じ、レッドクリフの時と同じだぜよ!
もう、あのレオンの化粧のなじんでない感じ、どうしようもない。

・・・・
総じて、個人的に「さらば、わが愛」を超える映画は未だに存在しておりません。
ただひとつ、青年役の余君は、劇内だけでなく女らしい身のこなしが随所にあってステキだなぁというところは認めます♪

ということで、リピートして観る場面は青年時代ばっかり。
何回か観ると細かいところも気になるところがどんどん増えてきました。
で、余君とはどんな人物なのか、と彼のプロフィールが気になり、検索してみると

「NHKhi 蒼穹の昴」の主人公?ということを知ったのですが!!

先日偶然NHK見ているときに番宣で清王朝の日中合作ドラマが始まるのを知ったばかりで、余君が出るとかまだ知らなかったのです。
!なんだこのタイムリー!!
「梅蘭芳」を鑑賞したばかり、2日放送開始のドラマもよくわからんまま楽しみにしてた。
その主役が余君ですって!?

もう・・・・なんかタイムリーすぎて怖いです・・・
ちなみに、子供ができたら「昴」とつけようと前々から思っていたりするもんだからあらすじ覗いてみてさらにゾッとしてしまいました!

変な運命感じます。
とりあえず、「蒼穹の昴」は毎回欠かさず観る予定です。

※「梅蘭芳」公式サイトで余君のプロフィール覗いてみたら、越劇の子だったんですね。
 ということはやっぱり土台のしっかりした子だったのか。
 魅せられた原因もわかってスッキリした、2010年元旦でした!
スポンサーサイト
映画01.01(Fri)21:21コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

レッドクリフ2観たけどなんだかなぁ~~~

レッドクリフ2(以下レックリ2)をGW明けに映画館へ観に行きましたよ~

レックリ2を観に行く前に、レックリ1をいとこと二人でDVD鑑賞。

前評判とかチェックしていたので期待はしていなかったものの、それ以上の期待はずれだった。。。

私が三国志好きになったきっかけは子供向け文学小説→NHK人形劇三国志→吉川英治さん著の三国志
というルーツなので、吉川さん以外の三国志を受け付けられないくらい吉川ひいきであります。

他の方の三国志小説は一切興味もないし読んでいません。
漫画やアニメも原作が吉川さんだろうがなんだろうが一切手をつけていません。
そんな私も本場中国の劇場版三国志(赤壁の戦)ともなると気になって仕方がなかったのですが。
数人のレビューを読んでいるうちに
(私は観ないほうが良さそうだ)と結論付けてしまっていたのです。

それでもいとこが「レックリが観たい」というので渋々レックリ1のDVD鑑賞となったのですが!
まぁ予想どおり、物語の途中から見事に記憶が無くなって爆睡のうちに終わっていました;;

内容は置いておくとして、キャストで思ったことは。
周ユ=トニー・レオンは無理。
諸葛亮孔明=金城武も無理。
中村獅童=なんで出てるの?
孫権=チャン・チェンはまだ許せる。
孫尚香=ヴィッキー・チャオはすべて許せる♪
小喬=台湾の美女はイメージが違~う;;
劉備=六さんにやらせろ!!
他キャストは特にきにならんかった。

といった具合ですが、だからといって
じゃぁ誰が周ユならピッタリなんだ?って考えても思い浮かばないのも事実。

レスリー・チャンが今も健在だったら何役が合うだろう?とちょっと想像してみたり。
孔明、でもないし、周ユ、でもないな。
劉備が意外と近いかもしれない!?

・・・なんて考えだしたらきりがないのでレックリ2の正直な感想を。

レックリ1でも思ったけど、エピソードに無理がありすぎる。
孫尚香が曹操の陣に潜り込むとか有り得ないから・・・
無理やりすぎてついていけない。
クライマックスに至っては・・・
みんな勢ぞろいとか無理だから・・・
ただ、途中からはああしないと映画にならないんだろうなぁと制作側の気持ちなんか考え始めちゃって純粋にストーリー楽しめてない(泣

といった感じで
つっこみどころ満載すぎてしんどくなってもう忘れてしまいました♪

別角度からの思いとして。
孫権役のチャン・チェン君が立派になったものだなぁと。
トニーとレスリーが男同士の愛を演じた「ブエノスアイレス」で彼も出演していたのを思い出した。
いい感じに年を重ねてるようで、しかも孫権役をするほど出世するとは当時思ってもみなかったこと。

そうそう、今日深夜0時40分からBSで「さらば、我が愛~覇王別姫~」を放送します!
曹操役のチャン・フォンイーがレスリー・チャンと共演したことも思い出します・・・
DVD持っているのにテレビで放送されるのも必ず観てしまう私。
深夜だろうがなんだろうが観ますよ!さらば、我が愛を~~^^/
映画05.19(Tue)14:24コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ちょ!インファナル・ア・フェア3今夜BS2ね^^

 たはーーーーーーー
 また久しぶりの更新・・・
 活きてます。あ、生きてます。

 三夜連続BS2でインファナル・ア・フェア祭。
 今夜9時からインファナル・ア・フェア3ですなぁ^^
 ヨン警部チェックチェック!!
 DVDで観るのとBSで観るのとまた若干雰囲気違うわけです。
 楽しみでーーす♪


 そして。。。
 ついでに「さらば我が愛 覇王別姫」の舞台を東山が主役でするということで。。。
 ちらっと見たCMで東のメイクが見れました。
 確かにきれいだけど、やっぱりレスリー&映画のもんですよん。
 だって舞台であの壮大な映画が再現できるわけがない!
 レスリーを越える程役はこの世に存在しません♪

 
映画01.30(Wed)19:41コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

レオン・ライVSレスリー・チャン

 「頭文字D」からエディソン・チャン熱が上がり、いろいろ調べて「インファナル・アフェア」三部作にたどり着き、気になって3部とも鑑賞してしまいました♪
 


 まず、評判があまりにも良すぎたので食わず嫌いだったんですが。。。1作目を観て大好評なのに納得!そして2作目も鑑賞。
 こちらは大してうなるような?シーンはなかったです;;エディソンも頭文字の時ほどかっこよく見えずガックリ。。。
 で、3作目を観たのですがっっ。
 一番印象に残ってるのは「ヨン警部かっちょえ~~~」でした^^
 正直申しまして1作目ほどのインパクトはなく、現在と過去の行ったり来たり、みんな名前似てるせいで1回見ただけでは理解不足なシーンがあったり、頭が疲れるのですが、ラストシーンは単純に(そうきたかい!!)とまぁ妙に納得してしまった自分がいるわけです。
 「HERO」の秦王役だった陳道明さんも男前で惚れ惚れする沈役で参加していたし3部作目は私的に男前勢揃いで内容よりそっちのほうがグッドでしたわ~~~、ということで今度はヨン警部役のレオン・ライさんに惚れてしまいましたよ@@
 ちょっと気が多すぎ?テヘ
 でまた彼のことをネットで調べてみると~~~

 9月から「梅蘭芳」の主役梅蘭芳役でクランクインしたとのこと。監督はあのチェン・カイコーだったりするからいやでも「覇王別姫&レスリー」のことが頭をよぎりました。
 だって、また京劇の映画を撮るんですね@@レスリー以上の女形役ができる俳優なんてこの世には存在しないと思っている私は複雑な思いです。。。たった今惚れたばかりのレオンさんが京劇俳優役に挑戦だなんて!
 彼はレスリーを越えることができるのでしょうか??越えて欲しいような越えて欲しくないようなぁ。。。
 「Promice~無極」ではかなり裏切られた感があるのでCGなんかに頼らない「覇王別姫」以上の作品になるよう祈るばかりです;;
 これからはレオン・ライさんも追っかけてみようと思います♪

 
映画09.18(Tue)16:59コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

「愛人~ラマン」

 うふ。。。また久しぶりに更新。。。
 レスリー・チャンラヴは相変わらずですが、ちょっと過去に観た映画が頭をよぎり。。。
 というのも、きっかけは、レスリー・チャンやジョイ・ウォン、トニーレオンなど多くの香港スターが大集合だった「大英雄」という映画のDVDを観たとき、同じく出演していたレオン・カーフェイを観て懐かしくなってしまったのです。
 実は今片思いの人がいるのですが、そのレオン・カーフェイの若かりし頃とドキッとするほど同系統だということに気づいてしまいました・・・。
 思えば、私が「愛人」を観たのが19、20歳ころ。レオン・カーフェイ演じる華僑の青年に一目ぼれしてしまったのです。
 西遊記の六小齢童さん以来、二人目の中国系男性のファンになりました。(時を同じくして「さらば、我が愛」も上映されてたんだろうけど、そちらはリアルタイムで観ることはなかったんですけど;;)
 当時お付き合いしていた人もレオンさんのような長身でしょうゆ顔でした。くるくるお目目の人も好きだし、しょうゆ顔も好きだし、好きになった人がタイプ、みたいなところがありますが、レオンさん系も私の母性本能を引き出す魅力を感じました。
 「愛人」一本きりで後になって金曜ロードショーで観た「西太后」の皇帝役と同一人物だということがわかってさらに胸ときめいたわけです。
 で、、、時は流れて先日、「大英雄」を観て「愛人」のレオンさんもまた観なおしたいと思いまして~
 買っちゃいました。「愛人~ラマン~無修正版」。
愛人 -ラマン- 無修正版 / ジェーン・マーチ、レオン・カーフェイ 他
愛人 -ラマン- 無修正版 愛人 -ラマン- 無修正版
ジェーン・マーチ、レオン・カーフェイ 他 (2006/10/27)
東北新社

この商品の詳細を見る

 テーマ音楽もすごく好きでした。当時私はまだ若く、ただただレオンさんのお尻の形のよさに目を奪われてしまい、かわいそうなエロ恋愛映画、という程度でしか記憶してなかったんです。
 でも、やっぱり観なおしてみるもんですねぇ。自ら愛人を経験し、出会い、別れの繰り返しの中で、少女の気持ちも青年の心も「人の性(さが)」であって感情のない肉体愛だけのようでそうではなく、過去を後悔しているようで後悔していない、と思ったんです。
 で、今片思い中の人が若き頃のレオンさん系だったんですね@@大発見です。
 レスリーはレスリーの良さがあり、六さんは六さんでかっこいいし、最近ではエディソン・チャンもお気に入りだったりするし。。。まあ好みの統一感なくてバラバラだけど、常に誰かを想う気持ちは持ち続けていこう。ということで締めくくろう^^ 
映画07.23(Mon)17:02コメント(3)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。