» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

shazhi

Author:shazhi
夢:「中国人になること」
使用教材:「ピンズラー中国語」「NHKテレビ中国語会話」「中国語ジャーナル」「聴く中国語」他書籍多数。
趣味:民謡・ゲーム・ドライブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

電子郵件

名前:
メール:
件名:
本文:

歓迎,歓迎

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot3 dot5
dot1 dot1

スポンサーサイト のトラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス

dot3 dot5
dot1 dot1

「さらば、我が愛~覇王別姫~」鑑賞

 急に観たくなりました。「さらば、我が愛~覇王別姫~」。
 昔テレビで観た記憶がかすかにあります。同性愛のかわいそうなお話・・・くらいにしか残ってないんですが先日北京で京劇を間近で観れてこの映画のことを思い出したんです。

 改めて観た感想:やっぱりテーマが重い;;運命に逆らうな、という師匠の教え、男に生まれた運命に逆らってでも自分の愛を貫き通し最期虞姫のように貞節を死をもって誓ったこと。クライマックスのチャンの微笑みに吸い込まれてしまいました・・・

 レスリー・チャンの美しさにただただ見とれてしまいます。時代背景もめまぐるしく変化する激動の1900年代。
 芸人って日本でも昔は差別されたりつらい時代がありました。今でこそ国の伝統文化として後世育成や世界へ日本をアピールできるものとして手厚く保護されるようになりました。京劇もそれに似たような存在だったんだなぁ。。。と思いました。
 テーマ音楽も京劇の演出に相反するリズムで哀愁を誘うゆっくり流れる音色は耳に残ります。

 うまく説明できなくてもどかしいですが今観なおして本当に良かった・・・そんな気持ちでいっぱいです・・・
 今は亡きレスリー。もっともっと活躍してほしかった;;
 残像が頭から消えない。
スレッド:中国語|ジャンル:学問・文化・芸術
映画11.20(Mon)12:32コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot3 dot5
dot1 dot1

「さらば、我が愛~覇王別姫~」鑑賞 のトラックバック

「さらば、我が愛~覇王別姫~」鑑賞 のトラックバックアドレス

dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。