» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

shazhi

Author:shazhi
夢:「中国人になること」
使用教材:「ピンズラー中国語」「NHKテレビ中国語会話」「中国語ジャーナル」「聴く中国語」他書籍多数。
趣味:民謡・ゲーム・ドライブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

電子郵件

名前:
メール:
件名:
本文:

歓迎,歓迎

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot3 dot5
dot1 dot1

スポンサーサイト のトラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス

dot3 dot5
dot1 dot1

ダート=クロフネかホクトベガか

 いよいよ、2008年最初のG1フェブラリーステークスが迫ってまいりました!
 フェブラリーステークス=ダートで一番強い馬を決めるレース。って感じでしょうか^^
 
 私がまだ競馬のことを良く知らなかったころ
 (競馬で知っている名前がハイセイコー、オグリキャップ、武豊くらいだったころ。。。)
 ある一本のニュースがドバイから映像付で報じられた。
 「ホクトベガ、レース中に事故、安楽死」みたいな内容。
 レースの映像は余りにも残酷に見えた。しばらくホクトベガの安楽死について疑問もあったしとにかく(なんであんなことに;;)という悲しみのほうが大きくて、日本に帰れずにドバイで眠っているというだけで哀れでならなかった。
 なぜ生かしてあげないのか、なぜ連れて帰れなかったのか、素人の私には全く納得がいかなかった結末だ。そんな悲しいニュースを見て私は「競馬なんて人間のいいように作りあげられた娯楽ものでろくなもんじゃない」と非難したりもした。でもそのところを追求するととんでもない方向まで進んじゃうのでここでは書かないけど、本当にいろいろ考えさせられたレースだったのです。
 深く考えても仕方ない。と思うようになって(私が成長したのか後退したのかは未だ不明)芦毛の馬ひいきで競馬番組を見るようになってから出会ったのがクロフネちゃんでした。

 彼はもともと芝で活躍していたけどひょんなことから武蔵野S→ジャパンカップダートというダート路線へ。
 そして芝以上に忘れられない鮮やかなレコード勝ちをしてしまうわけですが、彼の場合はドバイ挑戦の夢半ばで引退・・・

 いろんな人の考えを知った。
 ドバイに行ってレースできるだけでも名誉なこと、途中で競争中止になって二度と走れない運命だったけど彼女にとって引退せずにドバイへ渡ったことは素晴らしいことだったし子孫が残せなかったけど人の記憶に残る名馬だと。
 夢半ばで引退してしまったクロフネちゃん。彼はドバイへ行けなかったけど、私は彼が最強のダートホースだと信じている。
 ホクトベガの遺志を受け継いで今年も日本からドバイへ夢をかなえに行く名馬がいる。
 その中にダイワスカーレットちゃんの名前があった。
 ダートにも登録している。
 フェブラリーSも走るかもしれない。

 ドバイ、と聞いて一番最初に思い出す名馬はホクトベガ。
 私は彼女を一生忘れない。
スレッド:競馬日記|ジャンル:ギャンブル
競馬02.01(Fri)18:52コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot3 dot5
dot1 dot1

ダート=クロフネかホクトベガか のトラックバック

ダート=クロフネかホクトベガか のトラックバックアドレス

dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。