» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

shazhi

Author:shazhi
夢:「中国人になること」
使用教材:「ピンズラー中国語」「NHKテレビ中国語会話」「中国語ジャーナル」「聴く中国語」他書籍多数。
趣味:民謡・ゲーム・ドライブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

電子郵件

名前:
メール:
件名:
本文:

歓迎,歓迎

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

角田晃一、ほれなおしたぜ~ *日本ダービー*

アハーーーン!!

アントニオバローズ君とホクトスルタン君の応援馬券


もう感動、パドック、本馬場入場、返し馬、ゲートイン、ファンファーレ、スタート直後、レース展開、4コーナー、直線、ゴールまで!
とにかくずーーーーっと祈ってました!!

「アントニオバローズ君&角ちゃんにダービーの称号を!」と。

久し振りにダービーを狙える馬と巡り合えた角ちゃん。
出会った日から調教にできるだけ加わっていたという。
各紙でも
「ジャングルポケットなみの素質」とか
「この馬でダービーを狙っている」とか
などと早々から目にかけているのを知っていた。
そして今年のシンザン記念で見事勝利。
(これは角ちゃんが惚れるだけのことはあるな)と改めて思った。

皐月賞ではいろいろなアクシデントもあって残念な結果に終わったけど
日本ダービーに出るために強行スケジュールになってしまったけど
それでも角ちゃんはアントニオバローズを信じて
見事3着に食い込んだ!

テレビ観戦となった日本ダービーの最後の直線は
涙でよく観えなかった・・・
悲鳴をあげながら興奮しまくったのは
クロフネちゃんのジャパンカップダート以来か。
※あの時の涙は(クロフネちゃんすごすぎるよぉぉぉ)という独走状態で人生で一番派手に鳥肌が立った瞬間でもあった。

あまりの嬉しさに翌日のスポーツ新聞を4紙購入。
ついでに週刊ギャロップも。
各紙に載っている角ちゃんのコメントをチェックしていると、
2009年流行語大賞のグランプリ決定くらいな名コメントを発見@@

「俺の中では1番人気だった・・・」
まじかっこよすぎるーーーーーーーーーーーーー(号泣
8番人気だったのにぃぃぃぃぃぃぃぃ!
ロジユニやアンライバンルドなんか関係ねぇ!と言わんばかりの
いろんな意味が込められていると感じた。
まじで好きなんだ。相当惚れこんでる馬なのはわかっていたがそこまで好きだったんかい!!

あー、角ちゃんがそこまで愛した「俺の1番人気」アントニオバローズ君を
私も愛さずにはいられない。
秋のクラシック最終戦、菊花賞は絶対観に行きたい。
そして今度こそ、「俺の1番人気」が父マンハッタンカフェと
菊花賞親子制覇を成し遂げてくれると信じます。

どうか無事でこの夏を乗り切ってほしい。

※典さんおめでとうございました!
 しかし、首相と佐藤さんの間で*宇宙人捕獲*みたいなショットは。。。
未分類06.03(Wed)12:04コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

レッドクリフ2観たけどなんだかなぁ~~~

レッドクリフ2(以下レックリ2)をGW明けに映画館へ観に行きましたよ~

レックリ2を観に行く前に、レックリ1をいとこと二人でDVD鑑賞。

前評判とかチェックしていたので期待はしていなかったものの、それ以上の期待はずれだった。。。

私が三国志好きになったきっかけは子供向け文学小説→NHK人形劇三国志→吉川英治さん著の三国志
というルーツなので、吉川さん以外の三国志を受け付けられないくらい吉川ひいきであります。

他の方の三国志小説は一切興味もないし読んでいません。
漫画やアニメも原作が吉川さんだろうがなんだろうが一切手をつけていません。
そんな私も本場中国の劇場版三国志(赤壁の戦)ともなると気になって仕方がなかったのですが。
数人のレビューを読んでいるうちに
(私は観ないほうが良さそうだ)と結論付けてしまっていたのです。

それでもいとこが「レックリが観たい」というので渋々レックリ1のDVD鑑賞となったのですが!
まぁ予想どおり、物語の途中から見事に記憶が無くなって爆睡のうちに終わっていました;;

内容は置いておくとして、キャストで思ったことは。
周ユ=トニー・レオンは無理。
諸葛亮孔明=金城武も無理。
中村獅童=なんで出てるの?
孫権=チャン・チェンはまだ許せる。
孫尚香=ヴィッキー・チャオはすべて許せる♪
小喬=台湾の美女はイメージが違~う;;
劉備=六さんにやらせろ!!
他キャストは特にきにならんかった。

といった具合ですが、だからといって
じゃぁ誰が周ユならピッタリなんだ?って考えても思い浮かばないのも事実。

レスリー・チャンが今も健在だったら何役が合うだろう?とちょっと想像してみたり。
孔明、でもないし、周ユ、でもないな。
劉備が意外と近いかもしれない!?

・・・なんて考えだしたらきりがないのでレックリ2の正直な感想を。

レックリ1でも思ったけど、エピソードに無理がありすぎる。
孫尚香が曹操の陣に潜り込むとか有り得ないから・・・
無理やりすぎてついていけない。
クライマックスに至っては・・・
みんな勢ぞろいとか無理だから・・・
ただ、途中からはああしないと映画にならないんだろうなぁと制作側の気持ちなんか考え始めちゃって純粋にストーリー楽しめてない(泣

といった感じで
つっこみどころ満載すぎてしんどくなってもう忘れてしまいました♪

別角度からの思いとして。
孫権役のチャン・チェン君が立派になったものだなぁと。
トニーとレスリーが男同士の愛を演じた「ブエノスアイレス」で彼も出演していたのを思い出した。
いい感じに年を重ねてるようで、しかも孫権役をするほど出世するとは当時思ってもみなかったこと。

そうそう、今日深夜0時40分からBSで「さらば、我が愛~覇王別姫~」を放送します!
曹操役のチャン・フォンイーがレスリー・チャンと共演したことも思い出します・・・
DVD持っているのにテレビで放送されるのも必ず観てしまう私。
深夜だろうがなんだろうが観ますよ!さらば、我が愛を~~^^/
映画05.19(Tue)14:24コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

桜花賞観戦ツアー報告(遅ッッ

前回の日記から早いもので1か月経ってます・・・
本当に月日の経つのは早いもんですね!

ということで、1か月遅れですが、ベストショットも撮れたことだし、遅ればせながら
思ったことをつらつらと・・・フフフ

今回のツアーはWINDS企画の「桜花賞観戦ツアー」というバス旅行もの。
桜花賞を観戦することだけに特化したものでした。
WINDS企画のツアーは大抵土曜開催や良くてもGⅡレベルだったり他競馬場のGⅠの裏だったり。
それがGⅠで人がごった返す日曜、しかもクラシック桜花賞観戦となると珍しいなぁということでツアーに参加することに。

以前にも書いた通り、今年の3歳牝馬で特別お気に入りがいたわけでもないので
(またブエナビスタちゃんを拝みに行くかなぁ)レベルでしたが。
しかも角ちゃんの乗鞍は最終レース1鞍のみというタイミング悪い日だったので
個人的には盛り上がりに欠けていたことは確か;;

阪神競馬場はツアーじゃないとなかなか来れない競馬場。
京都競馬場だとフリープランで楽しめるのでここのところ京都競馬場ばかり出没してるんです。
阪神競馬場は数年ぶりでした。

乙女の戦い

この日は晴天。桜も持ちこたえて散り始めな感じで家族連れが多かったです。

いつもならパドック⇔本馬場を行ったり来たりの体力勝負!
しかし、今回はまずパドックの最前列をシートで確保して当日特別販売されていた桜花賞特別弁当を
ギリギリゲットし、日陰に移動して早々とランチタイム。

GⅠ開催で晴れともなると人の多さもあってパドックと本馬場の往復はいつもどおりにはならず。。。
私はお昼後パドックの最前列をキープするためパドックオンリーでした。
そんなパドックで決定的瞬間が

誰でしょう!?

一人やけにウォーミングアップしていたので撮ってみたらこんなことになってました!
宙に浮いてる池添謙一ジョッキーです。。。

気を取り直して、今度こそ桜花賞組の乙女達を待ち続け・・・

女王ブエナビスタ

桜花賞の主役、ブエナビスタちゃんと目が合った!?
と、メンコつけてますね!
相変わらずイエローがイメージカラーのようです。

ブエナビスタ未勝利in京都

こちらは昨年京都未勝利戦でのブエナビスタ。
個人的にはメンコないほうが好きです;;

阪神のパドックは最前列だとガードが邪魔です;;
でも全国ネットでブエナビスタWith shazhi姉妹なんて奇跡的なアングルを期待してしまいます。
テレビ中継があるから最前列は絶対に外せないんですわよねぇ。。。
(後に確認したが一切映ってませんでした!)

アンカツさんの笑顔が好き。。。

手前が細江純子さん、奥に安藤勝己騎手。
あぁ・・・ダイワの勝負服のほうが似合ってるのになぁ。。。とダイワスカーレットちゃんのことを思い出しながら、相変わらず笑顔が似合う男だなと。

デグちゃんの応援馬券を無事にゲットし、デグちゃん軸でワイド総流ししてみたり。

デグちゃん!

浜中君!!デグちゃんを頼んだよっっ!!と気合を送ってパドックから見送ったのですが。
レース中?の骨折だったのでしょうか。
デグちゃんは桜花賞の後骨折が判明。6か月以上の休養となってしまいました;;
あぁ、これだから勝ち負け別にして無事に走りきってほしいといつも願うのです・・・

早くよくなるといいなぁ。
また元気に走る姿を見せてほしい。まずはゆっくり休んで。
ラテン語で「神の恩寵によって」という名前だそうなので、きっと大丈夫^^
スレッド:競馬日記|ジャンル:ギャンブル
競馬05.09(Sat)12:15コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

09’桜花賞行ってきます!!

 まーたまた忘れた頃にブログ再開します・・・

 ブログ放置している間にいろんな事がありました。
 ダイワスカーレットちゃんの突然の引退なんて涙ちょちょぎれます。。。

 思い起こせば一昨年の桜花賞馬ではないですか!
 昨年の桜花賞はテレビ観戦。応援していたのは

 クロフネ*オディールちゃん
 アグタキ*リトルアマポーラ
 ジャンポケ*トールポピー

 このクロフネ同世代パパひいきという布陣で挑んだんですが。ご存じのとおり惨敗。

 後のオークスをトールポピーが(個人的には納得いきませんが)
 エリザベス女王杯でリトルアマポーラが(女帝不在ではあったけど)
 それぞれG1ウィナーに輝きました。
 
 そのエリザベス女王杯は妹と二人で京都へ行き観戦したレース。
 不運のポルトフィーノちゃんを応援していたわけですが。。。
 スタート直後のあのどよめき・・・忘れられません;;
 とことんツイてない彼女がさらに愛しくなってしまいました。

 鞍上の武兄ぃ不在ではあったけど、気持ち良さそうに走っているポルトフィーノちゃんが観れて良かったです♪
 ・・・ということにしておこう・・・

*************************

 そんな昨年のお嬢様レースに一喜一憂だったのを懐かしみながら。
 今年は桜花賞をこの目で見届けます。

 今年の注目馬は何と言ってもブエナビスタちゃんでしょう。
 生ブエナビスタちゃんを見たのは未勝利のとき。
 桜花賞が2回目になります。
 実はあんまり好きじゃない。。。理由は思いつかないけど。

 今年の3歳牝馬で注目しているのはデグラーティアちゃんです^^
 実はMY STAR HORSE に登録していたりするんです。
 今年はクロフネ産駒の女の子でパッとしないので悩みどころだったのですが、
 なぜか彼女を選んでいました@@
 
 それより何より本当は土曜の阪神牝馬Sのほうが妙に気になるんですがね・・・

 豊さん、懲りずにポルトフィーノちゃんに乗ってくれてありがとう。
 安勝さんよぉ、オディールちゃんを蹴ったことを今度こそ後悔させてやるぜ。。。
 クロフネ産駒でワンツーフィニッシュじゃぁぁぁぁぁ!(夢
スレッド:競馬日記|ジャンル:ギャンブル
競馬04.10(Fri)12:39コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ダート=クロフネかホクトベガか

 いよいよ、2008年最初のG1フェブラリーステークスが迫ってまいりました!
 フェブラリーステークス=ダートで一番強い馬を決めるレース。って感じでしょうか^^
 
 私がまだ競馬のことを良く知らなかったころ
 (競馬で知っている名前がハイセイコー、オグリキャップ、武豊くらいだったころ。。。)
 ある一本のニュースがドバイから映像付で報じられた。
 「ホクトベガ、レース中に事故、安楽死」みたいな内容。
 レースの映像は余りにも残酷に見えた。しばらくホクトベガの安楽死について疑問もあったしとにかく(なんであんなことに;;)という悲しみのほうが大きくて、日本に帰れずにドバイで眠っているというだけで哀れでならなかった。
 なぜ生かしてあげないのか、なぜ連れて帰れなかったのか、素人の私には全く納得がいかなかった結末だ。そんな悲しいニュースを見て私は「競馬なんて人間のいいように作りあげられた娯楽ものでろくなもんじゃない」と非難したりもした。でもそのところを追求するととんでもない方向まで進んじゃうのでここでは書かないけど、本当にいろいろ考えさせられたレースだったのです。
 深く考えても仕方ない。と思うようになって(私が成長したのか後退したのかは未だ不明)芦毛の馬ひいきで競馬番組を見るようになってから出会ったのがクロフネちゃんでした。

 彼はもともと芝で活躍していたけどひょんなことから武蔵野S→ジャパンカップダートというダート路線へ。
 そして芝以上に忘れられない鮮やかなレコード勝ちをしてしまうわけですが、彼の場合はドバイ挑戦の夢半ばで引退・・・

 いろんな人の考えを知った。
 ドバイに行ってレースできるだけでも名誉なこと、途中で競争中止になって二度と走れない運命だったけど彼女にとって引退せずにドバイへ渡ったことは素晴らしいことだったし子孫が残せなかったけど人の記憶に残る名馬だと。
 夢半ばで引退してしまったクロフネちゃん。彼はドバイへ行けなかったけど、私は彼が最強のダートホースだと信じている。
 ホクトベガの遺志を受け継いで今年も日本からドバイへ夢をかなえに行く名馬がいる。
 その中にダイワスカーレットちゃんの名前があった。
 ダートにも登録している。
 フェブラリーSも走るかもしれない。

 ドバイ、と聞いて一番最初に思い出す名馬はホクトベガ。
 私は彼女を一生忘れない。
スレッド:競馬日記|ジャンル:ギャンブル
競馬02.01(Fri)18:52コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。